今日の一盤(ベツレヘム10インチ)

P1100622.jpg
白人ベースマン、マックスベネット。スタンケントン楽団出身。
今から20年位前だろうか、寺島さんが50年代から60年代あたりのスタンダードとか歌物の魅力を著書に表した。これにより僕も相当影響を受けた。表題のベツレヘム盤にはすぐ手が伸びた。何しろジャケットが印象的だ。ちらちらジャケットを観る事はあっても、針を落とすのは今日が初めて。
ウウェストコースト派特有のアレンジ重視の堅苦しさを感ずるものの、チャーリーマリアーノの艶っぽいアルトとヘレンカーの可憐なボーカルでくつろげる。
画像のシマウマで昔を思い出した。ゼブラボールペンである。あの会社はどうしているであろう?
ネットで検索したら、立派に存在していた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR