マイルスのまなざし(FROM ケニア)

PA020311.jpg
開店してから2年半経った。出会いの数、そして、その数に等しい位の別れがある。
といえば格好が良いが、いつも閑古鳥が鳴いている当店では別れの寂しさの方をひしひし感ずる日頃なんである。

オープン当初、何故か秋大の留学生が数人来たもんだ。アフリカ人もいたしヨーロッパ人もいた。しかしこの所しばらく外人さんが途絶えている。街中では欧米人的なヤングマンは見かけるが、およそジャズには縁が無さそうな雰囲気な人ばっかり。
今日の夜、誰も居ない店でソファーに寝転び本を読んでいたが、その内、睡魔に襲われまどろんでいた。
「こんばんわ」女性の声に目を覚ますと、「私を覚えて今すか?」ときた。
画像の右の人、ケニアのジェリさんであった。(2年前のブログにも載せたはずである)2年振りの来日。
ジェリさんは日本語が上手である。これから日本の大学院で2年学び将来は語学の先生を目指しているようだ。
左の女性はエミリーさん。おなじケニア出身、将来の夢はエコノミストだという。初めての来日で言葉が通じない。時折不安そうな表情になる。その寂しげなまなざしを見ていたら、どっかで見た様な、誰かに似ている様な目元なのだ。そうだ、マイルスだ。(数日前のジャケット「ネフェルテイテイー」をご覧ください。)
マイルスのDNAときっと共通点があるに違いない。マラソンの話をしたらケニアには40もの部族があって長距離ランナーはカレン族なのだという。自分達は全然だめだと。
どうです、この屈託のないスマイル。店内にはサッチモとマイルスの「マイファニーバレンタイン」が流れた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR