今日の一盤(スタンゲッツ)

P9210300.jpg
画像のアルバムがルースト407番(10インチ)で本物なら値打ち物である。画像は12インチで日本の復刻盤。
1951年10月のライブ盤であり、ゲッツの出世作である。雑誌を見ていたら、ゲッツの大ファンが来日の折、このアルバムを持参してサインをもらったという。
この時代のゲッツはクールで、その後だんだんウォームになるというが、ここでも僕の耳には熱く感ずる。このアルバムのピアノはアルヘイグ、達者なピアノだ。そしてもう一つの聴き所が29歳で亡くなった天才ドラマーというタイニーカーンだ。確かにこのアルバムが熱く感ずる訳が、このドラマーに負う所が有ると思います。
今日のNHK大相撲は力道山の力士時代を話題にしていた。60年前なのだ。当時の力士の体格は筋肉が張っていて筋骨隆々、今の力士でいえば涙の金星力士、松鳳山あたりが標準といっていた。
力道山が力士として汗を流している時分とスタンゲッツのデビューが重なる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしいジャケット!

10吋本物も30センチ偽物?も持っていない。レコードも聴いたことあるような無いような・・・10吋本物の番号とちょぴっと掠っている10吋本物は何枚か持っているのだが、肝心な本命が・・・な、な、な、何とも、む、む、む、無念!
http://akitajazzrecordmania.blog.fc2.com/
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR