今日の一盤(リバーサイド443番セロニアス・モンク)

s_P1010909.jpg61年4月、録音技師は知らず、ケン・デアドフのデザインと思われる。MONK(p)CHARLIE ROUSE(ts)JOHN ORE(b)FRANKIE DUNLOP(ds)
モンクはジャズを開拓したスターであると同時にリバーサイドを一躍ジャズのメジャーレーベルに引っ張り上げた代表的なミュージシャンである。ビル・エバンスと共にリバーサイドを知性的な、モダンジャズという固有名詞が最もふさわしいレーベルに貢献した。昨日のオルガンジャズはプレステッジが似合っていて、リバーサイドにはお門違いと思うのだが、当時の流行だとしたら背に腹は代えられまい。セールスを意識し、商業ベースになると何か大事なスピリットが流れていく感じもするが、50年代にモンクはハングリーであったがこの頃は認められ、ヨーロッパでの演奏活動が本作である。全編モンクワールド.、イタリアの観衆はかたずを飲んで聴き入っていたんだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

在庫確認

The Lenny Hambro Quintet( Epic-LN3361)。

青い空に白い鳩?が飛んでいる。もう一羽は何かに止まっているジャケット。

(日本盤でも良いです)
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR