今日の一盤(リバーサイド437番ジョニー・グリフィン)

s_P1010904.jpg
62年6月、リチャード・ボックス録音、ケン・デアドフのデザイン、JOHNNY GRIFFIN(ts)PAUL BRYANT(org)JOE PASS(g)JIMMY BOND(b)DOUG SIDES(ds)
ロサンゼルスにての録音で技師がパシフィックレーベルのリチャード・ボックスである。所持しているのはモノラル録音の物で、迫力がある。黒人オルガン奏者ポール・ブライアントノアーシーなノリの流れの中、グリフィン節が朗々奏でる。ジョー・パスのスパイスもグー。昨夜のスーパーチューズデイにこれを流したら、常連のSさん、B級ジャズだねぇと。このB級グルメ 良い味です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR