今日の一盤(リバーサイド428番ビル・エヴァンス)

s_P1010846.jpg
62年5月、6月、ビル・ジュワルトー録音、ケン・デアドフのデザイン、BILL EVANS(p)CHUCK ISRAELS(b)PAUL MOTIAN(ds)
中野宏昭という評論家がエバンスワールドを表現している。
耽美的でありながら,決して暗くベト付かないリリシズム。心のひだを撫でて通り過ぎる微風のように清々しいリリシズム。

スコット・ラファロを失って1年、復活した第一作のトリオセッションが5月6月に3回行われ、スローテンポ集が本作、アップテンポ集が473番となり2作に分かれた。内容は流石と言わざるを得ない。ジャケットもさすがのケン・デアドフのデザイン。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR