今日の一盤(リバーサイド413番バリー・ハリス)

s_P1010835.jpg
61年9月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフのデザイン、BARRY HARRIS(p)CHARLES MCPHERSON(as)LONNIE HILLYER(tp)ERNIE FARROW(b)CLIFFORD JARVIS(ds)
この頃のリバーサイド盤はジャケットも楽しみの一つだ。ケネス・バン・シックルと印字されている写真家のジャケットだが、首の長い被写体なんか撮り方に興味が沸く。NEWER THAN NEWという・・・タイトル、ケン・デアドフのデザイン力を感ずる。
本作も手元に置きたい好盤だ。8曲中4曲がハリスのオリジナル。全体の印象は淡々とハードバップを演じている。ポイントはロニー・ハイヤーのトランペットだ。彼を調べたら、エリックドルフィー、ユセフ・ラテーフと共演、更にはミンガスバンドで活躍しているのであった。さぞや骨っぽいエネルギー持ちか?そんな事は無い、淡々と歌心を織り込みながら演ずる。この1流半のプレーヤーに耳を傾ける1枚。この人リーダー作無し。ガンで1985年45歳にて逝く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR