今日の一盤(リバーサイド400番ジミー・ヒース)

s_P1010822.jpg
62年1月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフのデザイン、JIMMY HEATH(ts)FREDDIE HUBBARD(tp)JULIUS WATKINS(fh)CEDAR WALTON(p)PERCY HEATH(b)ALBERT HEATH(ds)
時は62年に突入、本作はヒース兄弟そろい踏み、ピアノにシダー・ウォルトン、ジュリアス・ワトキンスのフレンチホルンとハバードのトランペットの6重奏団、ホーンのアンサンブルに乗って、ヒース、シダー、ハバードがきらめくソロを取っている。2曲のスタンダード他はヒースの自作だが、ハードバップ作品として芳しい、好曲である。手元に置きたいアルバム。
タイトルのtriple threatの意味は、三拍子揃ったという意味。作曲・アレンジ・演奏。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR