今日の一盤(リバーサイド392番バリー・ハリス)

s_P1010751.jpg
61年7月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフのデザイン、BARRY HARRIS(p)
ピアノソロをアルバムとするは実力が認められての事。パウエル派としての彼はピアノトリオでのスインギーな演奏が十八番であるのだが、何か突然降って湧いたようなソロ集の仕事ではないだろうか?それはバッパーピアニストとしての雰囲気は聞かせてくれるが、琴線に迫るものも僕の場合いささか薄い。手数が多いせいか?いや、ソロとしての稽古が不足ではないかな?その後30年間、彼のソロ集は無い。しかし90年になって3枚のソロ集が出たという。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR