今日の一盤(リバーサイド372番ジミー・ヒース)

s_P1010733.jpg
JIMMY HEATH(ts)FREDDIE HUBBARD(tp)JULIUS WATKINS(frh)CEDAR WALTON(p)PERCY HEATH(b)ALBERT HEATH(ds)
61年4月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフ デザイン
3兄弟というのは日本でも団子3兄弟というのがあるが、語呂合わせが良いね。ジョーンズ3兄弟、モンゴメリー3兄弟に続いてヒース3兄弟の本作である。
てっきり後にMJQのベーシスト長男のパーシーが音楽のリーダーだと思っていたが、次男のジミーが、まずサックス奏者として頭角し、長男、三男に影響を及ぼしたという。ジミーは自己のビッグバンドのリーダーをも務めたキャリアがあるというから、そのジャズ音楽性は本物だ。ソウルとかシャウトに捉われない理性的なアドリブが発揮されていると思う。
本作はフレッシュで輝くハバードのトランペットと温かみを感ずるワトキンスのフレンチホルーンも聞きどころだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR