今日の一盤(リバーサイド368番ジョニー・グリフィン)

s_P1010707 (1)
61年2月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフ デザイン、JOHNNY GRIFFIN(ts)JULIUS WATKINS(fh)BILL LEE(b)LARRY GALES(b)BEN RILEY(ds)
ベースが2本、フレンチホルン、そしてピアノレス、スタンダードが1曲(コール・ポーター)だけ、他は参加ミュージシャンのオリジナル、この所のリバーサイドからして、珍しいアルバムコンセプトである。抽象的なジャズではないが、皆、モンクやミンガスに影響されたようなアグレッシブな作りとなっている。ハードバップとは異なる、ジャズを感ずる好ましい1枚だ。ジャケットも室内楽の雰囲気を感じさせるアカデミックでアートなナイスジャケ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR