今日の一盤(リバーサイ342番ウェス・モンゴメリー)

s_P1010685.jpg
60年10月、ウォーリー・ハイダー、ジャック・マシューズ録音、ケン・デアドフ デザイン、WES MONTGOMERY(g,)JAMES CLAY(ts,fl,)VICTOR FRLDMAN(p)SAM JONES(b)LOUIS HAYES(ds)
腐っても鯛というコトワザを本作に当てはめたい。本作は彼が(ウェス)モンゴメリーブラザーズの一員としてサンフランシスコで公演している際、近くのロスで公演していたキャノンボール・アーダレー楽団のリズムセクションとコラボしたアルバム。インスタント的な存在なんだが、工夫した。まずウェスがベースギターという6弦ギターでのプレーが聴ける。そして西海岸が主活動部隊だったジェームス・クレイのフルートが聴ける。名盤というほどには何か気迫めいたものが不足している感もあるが、60年という時代の美味しい空気を感ずる肩の凝らない爽やか盤。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR