今日の一盤(リバーサイ329番デック・モーガン)

s_P1010647.jpg
60年5月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフ デザイン、DICK MOAGAN(p)KETER BETTS(b)BERTELL KNOX(ds)
29年生まれ、記憶に無い幼少時分、祖父母にパイプオルガンで教えを受けたというが、5歳時に独学でピアノを覚えたという。それから10代で町のクラブで演奏したり・・というから天才肌だ。
エロール・ガーナーやオスカー・ピーターソンから影響を受けたという。確かに足して二で割った様な、スイング感があり、かつ、スイングの起伏の作り方が素晴らしい。ハードバップとは一線を外すが、立派な自分の型を持つナイスミュージシャンだ。
生き方が絵になる。若い時分はピアニストを志向した。陸軍に徴兵されたが、音楽部隊のピアノ担当、銃は手にせず。除隊後トミー・ドーシー楽団に採用される。31歳時のキャノンボールの紹介でリバーサイドと契約し3枚残す。ニューヨークという街が好かず、周辺の都市に住居を移し、クラブ活動をしてたが、4ビートジャズで飯を食う事ができず、ポピュラー音楽バンドに加入し活動、その後80年代になって一念発起し、弁護士になる。凄い奴だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これまた、うん十年前オリジナル(モノ)入手。数曲摘み喰いしただけ。両面、真面目に聴いたことがない・・・けど、ライブ・レコーデイングと相まって普通に良いかも・・・

No title

普通に良いどころか、かなり良いのが2,3局あります。
このアルバムはボリュームを上げて聞く必要があります。
小音量では真価がわかりません。

No title

 ジャズクレー爺の某としては、矢張り「若者言葉」なんか用いるべきではなかった・・・
 誠に恐縮千万ながら「普通に良いかも・・・」とは「凄く良いかも・・・」の意味。
 このレコードについては、基本(これも若者言葉?)、マスターと同じ思いかと存じます。

No title

本作ではベースのキター・ベッツも良い。
彼は、先のサム・ジョーンズの初リーダー作で、サムがチェロを弾いた曲のベースを受け持っていた。ベース弾きが指名するベースマンだからね。腕は良いはず。
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR