今日の一盤(リバーサイド324番サム・ジョーンズ)

s_P1010634.jpg
60年3月、ジャックヒギンス、ジャック・マシューズ録音、ポール・ベーコン デザイン、SAM JONES(b,cello)NAT ADDERLEY(tp)BOBBY TIMMONS(p)CHARLES DAVIS(bs)JIMMY HEATH(ts)KITER BETTS(b)LOUIS HAYES(ds)BLUE MITCHELL(tp)
2つのセッションで各トランぺッターがナッ・アダレイトとブルー・ミッチェルの7人編成バンド、サム・ジョーンズの初リーダーアルバム。
「ソウル・ソサイテイ(本作のタイトル)は僕の青春の記録だ」ライナーノーツはいソノてルヲがぺんをとっているのだが、74年に来日したサム・ジョーンズの言葉である。24年の生まれだから26歳での青春の群像だ。
どこを切っても金太郎飴の一介のハードバップ作品ではない。チェロやダブルベースに光を当てているから、繊細な表現力を有する。
ラッパやサックスが陽の楽器ならチェロとかベースは陰の楽器と言えるかもしれない。暑い盛りに外出して、木陰が有り難く思える時がある。陰の下で癒されよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR