今日の一盤(リバーサイド281番チェット・ベーカー)

s_P1010430.jpg
58年9月、ジャック・ヒギンス録音、ポール・ベーコン デザイン、CHET BAKER(tp)JOHNNY GRIFFIN(ts)AL HAIG(p)PAUL CHAMBERS(b)PHILLY JOE JONES(ds)
チェットのボーカル一切なし、トランぺッターオンリーのアルバム。3曲がグリフィン入りのクインテット、3曲がカルテット。
プロヂューサーのオリン・キープニュースはよくもまあ豪勢なメンバーを集めたものだ。各曲共、サイドマン全員にソロを取らせて、それぞれの存在感を確認できる。全員、チェットを引き立てているのかな。
尚、このアルバムジャケット裏にはステレオ録音の広告があり、盤もステレオである。
しかし、録音してから50年過ぎ、思う事はステレオが魅力を半減させているんでは?という事。
何かアルバム全体の印象が散漫なのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR