今日の一盤(リバーサイド274番チェット・ベーカー)

s_P1010425.jpg
58年8月、ジャック・ヒギンス録音、ポール・ベーコン デザイン、CHET BAKER(tp)KENNY DREW(p)GEORGE MORROW(b)or SAM JONES(ds) PHILLY JOE JONES(ds)or DANNY RICHMOND(ds)
所持しているのは日本版であるが、ライナーノーツに佐藤秀樹さんが素敵な文章を載せているので紹介する。
チェットのボーカルとトランペットを主役に、耳に馴染みのスタンダードの名曲ばかりを揃えたアルバムである。月の光の下、小舟に揺られる恋人達を模したロマンチックなジャケットがなんとも古風でうれしい。月の世界にまで人類が出かける時代になって以後、私たちは夢見る機会がめっきり少なくなったが、それだけにこのアルバムは手に取る人たちを懐かしい気分に誘い込むようである。

54年、55年にパシフィックレーベルに本作同様のアルバムを作っているが、それらは西海岸で活躍するサイドマンだったが、今回はイーストサイドのミュージシャン達。ケニー・ドリューのピアノが絶品だ。フィリー・ジョーの歌伴のブラッシュワークも聞きものだろう。それらを聞くには、ボリュームを上げないといけない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR