今日の一盤(リバーサイド245番ハービー・マン)

s_P1010317.jpg
57年7月、キャピタル・タワーでの録音、HERBIE MANN(bcl)JACK SHELDON(tp)JIMMY ROWLES(p)BUDDY CLARK(b)MEL LEWIS(ds)
234番に続くマンのリバーサイド2作目だ。この後、このレーベルからのリーダー作は無い。白人の実力者サイドマンに囲まれて、ここではフルートでなく、バスクラを吹いている。グループ名がハービー・マンとカルフォルニアンズと銘打っている。トランプの大統領就任式が今夜行われるが、カルフォルニア州は色々な国から移民者が多いと聞く。そもそもアメリカインデアン以外の人は移民である。
そんな事を思うと、ジャズというのは世界中の文化センスが入り混じった、ブレンドリーなミュージックなのだなー。キリスト教文化圏が主だけどね。本作は白人のインテリセンスが香るジャジーで、心地よいジャズだ。
57年当時を調べた。アメリカ大統領は共和党アイゼンハワー、61年に民主党ケネデイになる。日本では長嶋茂雄が巨人入団。力道山とルーテーズのプロレスリング・タイトルマッチが引き分け。糸川英夫による日本でのロケット打ち上げ第一号が秋田海岸で行われた。それにしても、アメリカ人はGREATという単語が好きな民族だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR