今日の一盤(リバーサイド202番ジョー・サリバン)

s_P1010222.jpg
53年、JOE SULLIVAN(p)DAVE LARIO(b)SMOKY STOVER(ds)
12曲中、3曲がトリオで他はピアノソロである。
主役は1906年生まれ(~1971)先祖はアイルランド出身でビング・クロスビーの伴奏者として有名だったようだ。
風貌から想像できるように、厳格な印象がそのまま音楽にも反映されているように感ずる。この手のピアノソロはアート・テイタムやファッツ・ウォーラーを連想するが、固い。折り目正しいと言われればそうなるが、やはり、ジャズは黒人が一番。
小生の所有物は恐らくオリジナル盤だろう。ブルーのレーベルで、深溝があり、ずしりと重い。これがバンゲルダー録音だったら☆が1つ増えるのになー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR