今日の一盤(ブルースビル1070番ライトニン・ホプキンス)

s_P1010212.jpg
62年1月2月、LIGHTNIN HOPKINS(vo,g)BillyBIZOR(hca)SPIDER KILPATRICK(ds)BUSTER PICKENS(p)DONALD COOKS(b)
画像のCDはライトニン・ホプキンスのブルースビルでのコンピレーションアルバムであり、1070番からは3曲しか入っていない。その他には1019番・1029番・1045番・1057番・1061番から何曲が集められている。
ライナーノーツは仙台市の佐々木健一さんという方が執筆されており、相当詳細に書かれて参考になった。
ピアノのバスター・ピケンズという人、シカゴ行きの列車にただ乗りし損ねて結局テキサスの地に留まったというエピソード。面白い。(本作でのセッションはテキサスはヒューストンでした。  更に、紹介すると・・・
ブルースビルとはブルースがいっぱいの場所、ブルースだらけ、という意味だ。そんなブルースビルは61年にスタートし、60年半ばまでに約90枚のアルバムを制作発表している。
現在エリック・クラプトンらによるアンプラグド人気が続く中、元祖本家がこのブルースビルであるのだ。また、かのボブ・デュランがレコードデビュー以前、ニューヨークに進出してきた60年代初めに、これらブルースビルブルースを同時代に聴き、大きく感化されたことは有名な史実となっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR