今日の一盤(ブルースビル1051番ピンク・アンダーソン)

s_P1010210.jpg
61年、PINK ANDERSON(vo,g)
1038番novol1に続いてのvol2である。1は所持していないが、61年4月と記載されているが、本作はNYCとしての記載しかない。バンゲルダースタジオでの録音ではない。
ギターの弾き語りだけど、ブルース2、フォーク8、てな感じでフォーク調な感じ。ジャズには縁遠い。
検索したら、この方もバッチリ取り上げられている。medicine show man とジャケットにあるが、日本流にいえば「ガマの薬売り」の様に、薬をうる商売呼び込みだって。
ピンク・フロイドという有名なロックバンドがあるが、そのグループ名はピンク・アンダーソンのピンクと、フロイドというやはり、ブルースミュージシャンの名前をくっつけたという。
ピンクさん、探れば、美味な味が醸し出して来るミュージシャンなんだろうけど・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR