今日の一盤(スイングビル2039番コールマン・ホーキンス)

59年4月、バンゲルダー録音、COLEMAN HAWKINS(ts)CHARLIE SHAVERS(tp)RAY BRYANT(p)TINY GRIMES(g)GEORGE DUVIVIER(b)OSIE JOHNSON(ds)
7156番の再発である。http://moanin.blog.fc2.com/blog-date-201405-18.html
シカゴカブスがワールドシリーズ制覇。1907年と1908年に優勝して以来108年ぶりの優勝だそうだ。
コールマン・ホーキンスは1904年生まれ、ジャズの歴史も大リーグの歴史と並行して流れる。
上記の7156番でのブログは2年半前のものだが、たかが、されどの時間の流れですね~。
記憶が薄れるには十分な時間であり(自分)、心変わりをするにも、程よい間かもしれない。
ホーキンスのスローバラードはメインデッシュにあらず、プレーヤーの勝負はアップテンポやブルースに有り、・・ってな事を記していたが、今は違う。ホーキンスをはじめスイング・中間派時代を生きたミュージシャンのスローバラードこそ現代にも通ずるメインデッシュ。それは熟成されたワインの様なものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR