今日の一番盤(スイングビル2037番色々なミュージシャン)

58年9月、バンゲルダー録音、PAUL QUINICHETTE(ts)BUCK CLAYTON(tp)SHAD COLILNS(tp)JACK WASHINGTON(bs)NAT PIERCE(p)FREDDIE GREENE(g)EDDIE JONES(b)JO JONES(ds)
7147番の再発である。http://moanin.blog.fc2.com/blog-date-201404-2.html
ジャケット写真を見ても見分けが付かない人物が多かったので調べた。ホーンセクションはPAUL1916生,BUCK1911生、SHAD1910,JACK1911,ピアノのNAT1925(白人)である。
中間派ジャズを中心としたスイングビルであるが、共通して言える事はスローバラードあるいはゆったりしたスタンダードでは各人の名人芸を聞く事ができて幸せな気分にある。だけどアップテンポな曲は嗜好が分かれるであろう。昨日と本日のはベーシー楽団の同窓会セッションであったが、粋に良い(アップテンポ)が多い。フレディ・グリーンのサイドギターでスイングはするんだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR