鑑賞会を終えて②

s_P1010114.jpg
本日の歌特集は「アローン・ツゲザー」
メル・トーメはさすがの歌唱力でした。そしてレイチャールズ・ベテイー・カーターのアルバムにはいつもジーンときます。
この曲には思い出があって、数年前に息子の結婚式があって、その披露宴に、このアローン・ツゲザーを何とか利用しようと親父の僕が画策したのでした。歌詞の朗読はどうだろうか?・・・・却下!。だめなら、最低限バックグラウンドミュージックではどうか?・・・これも迷惑そうに却下!  結局当世の若者ソングをガチャガチャ鳴らした、良く言えばノリノリの宴になりましたが、オヤジとしてはシンミリした情緒も欲しかったなーと思っていました。
KY感性(空気読めない)に疎いオヤジの思い出の曲です。ちなみにトニー・ベネットの歌でした。
尚、来月のレコード鑑賞会は10月16日を予定しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「アローン・トウ・ギャザー」・・・僕の超大々・・・好きなスタンダーです。
メロデイだけ聴くと暗く哀しく、しんみり、時には辛い気持になることも無きにしも非ずですが・・・実は、マスターの記事(上段:和訳)にもあるように詩の内容が実に素晴らしいのです。即ち「前向き!乃至ポジテブ!」の塊なのです!
 今日の解説では、ここら辺の件について「踏み込む時間的余裕がなく」正直なところ、心残りでしたが、マスターの記事を以って、ご参加戴いた方にもこのスタンダードが有する「核心部分」に多少なりとも寄り添って戴けたのではないかと思います。
 マスター、どうも、有難うごだいました!

 ブログコメントとしては如何なものかと思いますが、「アローン・トウ・ギャザー(たった二人だけ、二人きり、」二人ぼっち)」を耳にする度、この曲(歌:詩)は「僕と寝たきりめんちょこちゃん」のために存在する、スタンダード・ナンバーの逸品中の逸品であると、独りよがりの、豪(えら)い勘違いに酔い知れる果てしない日々の連続・・・これもまた存外以上に幸せなのかも・・・

No title

二人ぽっちの人は相棒(愛棒)に感謝ですね。
一人ぽっちと思しき方はモーニンにいらっしゃいませ。
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR