今日の一盤(ムーズビル8番 フランク・ウェス)

s_P1010053.jpg
60年5月、バンゲルダー録音、FRANK WESS(ts,fl)TOMMY FLANAGAN(p)EDDIE JONES(b)BOBBY DONALDSON(ds)虎の巻より
フランク・ウェスのプレステッジ盤に「サザン・コンフォード」(7231)「ヨー・ホー」(7266)があるけれども、本番はそれより前の作品でウェスのワンホーンによる演奏。しかもバックがトミー・フラナガンのトリオという魅力的なラインアップである。ウェスはフルートとテナーを吹いていて、どちらの楽器でも彼の持っているモダンでリリカルな個性が光っている。ベイシーライクなウェスとはひと味違う表情が楽しめる好ましい一枚。(岡崎)
昨日のホーキンスのアルバムはしっとりソウルに響いた。今夜のウェスのはサラリと響く。ホーキンスのは絶対夜に聞くのが良い。ウェスのは朝・昼・夜、時を選ばない。ホーキンスのが肩から背中、脚へ十分なプレスのマッサージだとしたら、ウェスのは撫でる様なスキンシップ、そんな柔和な快感を得る。ソウルにだよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR