今日の一盤(ムーズビル5番シャーリー・スコット)

s_P1010046.jpg
60年1月、4月、バンゲルダー録音、SHIRLEY SCOTT(p,org)GEORGE DUVIVIER(b)GEORGE TUCKER(b)ARTHUR EDGEHILL(ds)
このアルバムも隅には置けない。何故ならヂュビビエとタッカーというベースの名手とのトリオであるから。存分に彼等の存在感を感ずる録音は、さらにまたバンゲルダーのグットな仕事ぶりを味わえる。
ここでのシャーリーは時折右手でピアノ、左手でオルガンを弾いている。最初、二重録音かなとも思ったが、少なくともこの頃のバンゲルダーはなさるまい。
「アイ・シュド・ケア」「時さえ忘れて」等、魅力的なスタンダード曲が満載で、基本はメロデイーをなぞるようにピアノを弾いていて、アドリブソロは短めだが、メロデイーの崩し方、コブシの回し方はブラックパールの輝きを感ずる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR