今日の一盤(8313番ビリー・テーラー)

7093番の復刻である。http://moanin.blog.fc2.com/blog-date-201312-1.html
54年12月、バンゲルダー録音、BILLY TAYLOR(p)EARL MAY(b)PERCY BRICE(ds)虎の巻より
聴きやすいおなじみのスタンダードばかりを、モダンでリラックスした雰囲気満点のトリオで聴かせてくれる。名盤というより愛聴盤と言われる事が似合う、ピアノトリオのお手本のようなアルバム。やや地味なピアニストのようなイメージもあるが、随所でブラッシュワークが冴えわたるパーシー・プライスとのち密でスリリングな掛け合いは聴きごたえたっぷりだ。(生島)
54年12月時点で、かくもジャズピアノトリオをモダンに表現するビリー・テーラーは才人の1人であろう。
ウイスキーを飲りたくなった。
飲りながら考えた、どうしてこんな普通にオー
ソドックスなアルバムを復刻に出したのだろう?
A面の2曲目に「THEODORA」というビリー・テーラー作曲が聞き覚えのある美曲で、この曲はまさに永遠に不滅です・・なのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR