今日の一盤(8305番カーテスフラー&ハンプトン・ホース)

s_P1012624.jpg
57年5月、バンゲルダー録音、CURTIS FULLER(tb)SAHIB SHIHAB(as)JULIUS WATKINS(frh)DAVID AMRAM(frh)HAMPTON HAWES(p)ADDISON FARMER(b)JERRY SEGAL(ds)
吹き込みから7年後に発売されたわけだ。この頃のプレステッジはソウルジャズに重心を移しており、バップジャズの録音は少ない。バップ全盛時代の未発表テープを出品したわけだろう。2人のフレンチホルーンを交えている。ただフレンチホルーンはおとなしい音色でパンチが効かない。曲目も地味だ。そんな所が未発表で残された理由だろう。
でも、腐っても鯛ということわざ通り、時代というものが60年後本作の存在感にきらりと光らせている。極端にいえば名演とは言えない、普通の演奏でさえ時空を超えて現代ではかけがえのない御馳走アルバムと化ける。
いぶし銀とも、玄人好みとも表現して良い、ジャジーなハードバップをフラー、サヒブ、ハンプトンが奏でる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR