今日の一盤(8246番ジジ・グライス)

s_P1012556.jpg
60年5月、バンゲルダー録音、GIGI GRYCE(as)RICHARD WILLIAMUS(tp)RICHARD WYANDS(p)JUKIAN EUELL(b)MICKEY ROKER(ds)虎の巻より
サマータイムやラバーマンなどのスタンダード曲の間にグライスの代表的なオリジナル曲マイノリテイーとかニカステンポなどが収められている、比較的聴きやすい作品。中でも渋い名曲「ドント・ウオーリー・アバウト・ミー」などを取り上げるところなど、グライスのセンスの良さがうかがえる。30年ほど前かなりの頻度で鑑賞していたので個人的には大変なじみの深い作品でグライスに傾倒する契機ともなった。(山本)
大変恐縮だが、今年の4月21日(8230番)のブログにもジジグライスを取り上げているのでご参照下さればありがたい。
本作は波乱万丈に生きた彼がジャズ世界に別れを告げるラスマイの作。(8262番がラスト)前曲良い曲ばかりで、とっても聴きよいアルバムです。昨日に続きピアノがリチャード・ワイアンズ、良い。トランペットのリチャード・ウイリアムもグライスも良い。
この人の伝記の本は出たというが、映画にならないかな~
本日は土曜日、NHK・FMのジャズフラッシュによれば今年はマイルスデイビス生誕90年でマイルスの伝記映画「マイルス・アヘッド」ができたらしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR