今日の一盤(8245番ロイ・ヘインズ)

s_P1012555.jpg
60年7月、バンゲルダー録音、ROY HAYNES(ds)RICHARD WYANDS(p)EDDIE DE HAAS(b)虎の巻より
好きな盤で昔から聞いていた。「ピアノトリオを代表する一枚の一枚」と豪語してきたこともある。リチャード・ワイアンズという素晴らしいピアニストをしったのがこれだった。中でもB面がワンダフルで「コン・アルマ」、「スピーク・ロウ」の流れが極上。この「スピーク・ロウ」は、かのウオルター・ジショップ・にも匹敵する演奏で、諸処魅力が詰まっている(山本)
確かに何度聞いても飽きない、黒光りする、辛口のピアノトリオだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR