お知らせ

s_P1012454.jpg
毎月、最終の営業日(月末)の夜はキャンドルライトでやります。今月は30日です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お返事遅くなりました。

私は愛知県です。
JAZZは素人です。
約40年前に聞き始めて、レコードが終わりを告げた頃から遠のいていました。
ここ10年ほど前から、真空管アンプを購入してLPを買い始めました。

昔の名盤はおそろしく高価となり、復刻盤ばかりを聴いています。
アニタは「anita o'Day in berlin」が好きです。B面YESTERDAYが泣けます。
レコード会社はPAUSAと知らないレーベルです。
ベルリンJAZZフェティバルのライヴです。

いつかお宅のお店に行きたいと思っています。

No title

毎度どうも!
マスターへの在庫確認!
愛知県の方からのコメントで紹介されていた下記レコードありますか?

Anita O'Day ‎– Anita O'Day In Berlin, Recorded Live At The Berlin Jazz Festival
レーベル:MPS Records ‎– 2120 750-1, BASF ‎– 2120 750-1

No title

愛知県の鈴木さん、コメントありがとうございます。
早速、アニタのベルリン探し出して、聞き直しました。ビートルズのイエスタデーからスタンダードのイエスタデイズに変化させるノリが良いですね。僕の所持しているのはMPSレーベルでした。
当店のレコード鑑賞会ではオリジナル盤がよく掛かります。確かにオリジナル盤の爆発はすばらしいですよ、でも、それは複数の愛好家を集めて、広いスペースで鑑賞する事で生きるのであり、音量が制限されるご家庭で1人で鑑賞する分には復刻盤で十分だと思います。1人自室で鑑賞する世界と、外で情報を広げる世界と2つ共有する事がよろしかろうと思う今日この頃でござい。
ついでに業務連絡、Sさん、ハッチャーソンの「WITCHCRAFT」発見せり。捜索は難航を極めました。以上ご報告をさせていただきます。

No title

毎度どうも! 
「ハッチャーソンの「WITCHCRAFT」発見せり。捜索は難航を極めました!」のコメント情報提供、いやはや驚嘆の極み・・・流石、モーニン・マスター! 逸脱したと思しき?これが執念には感服です!
 
 ところで演奏内容は如何・・・新主流派?の流れを汲む爽やかな、ちょこっとモーダルで秘めたる炎がちらちらせまってくるのでしょうか・・・?
 まぁ、内容はともかく、何れ近々移動させて頂きますので宜しく!

No title

 「毎月、最終の営業日(月末)の夜はキャンドルライトでやります。今月は30日です。」・・・・ とのおしらせ記事を受けて、何時に無く容態の安定している寝たきりめんちょこちゃんを尻目に、自転車を漕いで一路モーニンへ。
 20:30、先客が1名・・・・正直、些か寂しい入りだったが、「エリック・ドルフィー」ヨーロッパ・ライブ盤(海賊盤)が奏でる熱狂の生贄と成り果て30分滞在の予定が都合一時間程に延長・・・
 仄暗いキャンドルライトとは真逆な、滾る「朝日の如く爽やかに」の由緒正しき熱気は今一粗悪な録音を超越して余りあるかと思う・・・
 とは、言いながら、正直なところ、無いものねだりの性癖がキェンドルライト宜しく、チロチロ赤い馬脚を現したのは誠に遺憾・・・
 即ち、もう、ちょこっとていうか、普通に宜しき音質を確保できていたとしたら、これ、結構、引く手あまたの「名盤」の仲間入りしていたかと思うのだが・・・
 更に欲をを言えば、これにブッカー・リトルが居たらなぁ・・・ありきたりのハードバップとは一線を画す程良く斬新でエネルギッシュな彼のソロが今にも炸裂しそうな、錯覚へと誘う、要すれば、例の5スポーットに於ける歴史的ライブ録音を彷彿とさせる極上の内容。乾杯!

No title

昨夜はお忙しいところありがとうございました。
夜はなぜか音が良く聞こえるんですよね。
Sさんが来られると店内の空気がよりジャジーになります、またのご来店をお待ちしております。
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR