今日の一盤(8229番ジョニー・ハモンド・スミス)

s_P1012437.jpg
59年11月、バンゲルダー録音、JOHNNY HAMMOND SMITH(org)THORNEL SCHWARLZ(g)GEORGE TUCKER(b)LEO STEVENS(ds)
8221盤が9月で、それに引き続き同じメンバーで11月の吹き込みだ。サウンドは同じ。ジョージ・タッカーのベースに耳が行く。
しかし、同じオルガン奏者のジミー・スミスとかジャック・マクダフとか大概はベース抜きで、自らのフットベースでベース奏者を配しないのが通常であって、ジョージ・タッカーのベースに耳が行くとはジョニーさんには失礼な話だよね。
、あえてベース奏者を傍らに置いてのコンセプトとは?
オルガン奏者の常とう手段にある、音を重ねて重厚なサウンドを創り、スイングを極めて行く、というより、ピアニスト的に旋律メロデイーを追っていく。そう言えばシャーリー・スコットさんも、そういう流儀のアルバムがあった。
「枯葉」「アイ・リメンバー・エイプリル」「バイバイ・ブラックバード」「マイファニー・バレンタイン」なじみの曲が続く。
所持しているのはオリジナルでモノラル。夜に映えるアルバムだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 毎度、おおきに!
 下記、在庫確認!宜しく!
 
 
 SINATRA'S SINATRA/FRANK SINATRA
 
 ■キャピトル時代に残した名曲・名唱、その思い入れの強いナンバーを63年に再録音。ネルソン・リドルの編曲とオーケストラをバックに、気持ち良さそうに歌いまくった名盤中の名盤。
1963年 MOBILE FIDELITY(US) 

  ウイッチクラフト、オール・ザ・ウエイなど収録

No title

ございます。
どんな曲が目当てでしょうか、興味津々。

No title

 SINATRA'S SINATRA/FRANK SINATRA 1963年 MOBILE FIDELITY(US) 
在庫ありとのこと。流石、モーニンですね!後で移動お願いします。

 お目当ては「ウイッチクラフト」です。一部のネット記事によると「ウイッチクラフト」はシナトラが1955年(?)EP盤に吹き込んでいるらしい。これはLP化されなかったようだが、前出のSINATRA'S SINATRAで再録音を果たしたということかな?
 因みにキャピトルに同曲収録の「F.シナトラ/ヒット・コレクション1953~1962)があるようです。
 ヴォーカルではシナトラ、C.コーナー、S.ヴォーン、カーメンなどが歌っているようです。

 インストでは「ウイッチクラフト」D.バードとB.エヴァンスしか聴いたことないけど、他のミュージシャン、誰か演奏しているのかご存知ありませんか。
 もしかして。B.ハッチャーソン/ライブ(Landmark)は在庫ありませんよね?
 

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR