レコード鑑賞会を終えて

s_P1012433.jpg
ここの所の鑑賞会は1959年のハードバップ全盛期のような盛り上げを感じさせるところがあります。
本日も1時の開門と同時に遠方より友来る、つーか、埼玉からのお客様が待ち受けておりました。聞けば、このブログをご覧になり、いてもたってもいられなく、コマチに乗ってやってきたという事です。何ともマーありがたい事ではありませんか。
さて、たった1人の異邦人が混ざった事で店内のムードはどうなったか?というと、緊張感のレベルが携帯電話感度3本柱になったわけです。それはあたかも、60年代にロックが流行り、飯を食えなくなった4ビートジャズミュージシャンがヨーロッパに渡った、たった1人本場アメリカから渡来した黒人ジャズミュージシャンが現地(ヨーロッパ)の地元バンドに加わっただけで、その際のセッションが今まで考えられなかった程の熱気に包まれた。・・・決して過言でない。・・・松伏市からお越しのTさん、ご来店ありがとうございました。
改めまして、本日起こしのお客様&Sさんお疲れ&ありがとうございました。
本日のお題は、①スコット・ラファロ、②ビウテフル・ラブ、③熊谷さん追悼の3本柱。
①モノ・オリジナルの分厚さ②アニタ姉御のため息が耳元で!③モノ・オリジナルはパワーの塊
というわけで本日の空気は1959年ニューヨークでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しそうな時間ですね。

こんばんは。
アニタの同じレコード所有しています。
ファンで何枚か持っています。
このお姉さまの歌い方は日本人では出せない色気ですね。



No title

鈴木さん、コメントありがとうございます。お住まいはどちらでしょうか・
僕もアニタのこれは持っておりますが、国内盤、当日のSさん所有のは、黄色と赤のオリジナル。やっぱり、違うんですよね~

No title

 今回も13名という大入り満員超過のご盛況誠に有り難く心から御礼申し上げます。
 それにしても、埼玉県!から遠路はるばるお越し下さったTさん誠にありがとうございました。
 
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR