今日の一盤(8213番レイ・ブライアント)

s_P1012419.jpg
58年12月、バンゲルダー録音、RAY BRYANT(p)
明日から4月、今日は3月31日。来週から新学期が始まるようで、近くの秋田大学周辺に人が行きかうようになりました。
出会いがあれば、別れもあります。我がモーニンでも、お世話になったお客様が2人別れを告げに来ました。
1人は国際教養大学で哲学の教鞭をとっておられた、アメリカのピッズパーグ出身のドン教授、亡きステーブ・レーシーと友人だったそうです。オーネット・コールマンに関する厚い書籍を2冊を見せられた際には、さすが本場仕込みのジャズファンだと思ったものです。
山梨に移りました。札幌出身で製薬会社のお勤め、、ドラムを叩く独身女性、秋田支所では男鹿・能代の営業でがんばっていた。大阪本社へ栄転。
古今東西、ジャズブルースのソロを奏でるにレイ・ブライアントの右に出るのはいない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ドン先生も女子ドラマーさんも異動ですか・・・寂しくなりますね。
 実はドン先生には折を見て「黒人教会音楽(ゴスペル)」について是非ご教示願いたいことがあったので大変残念です。

  下記在庫確認宜しく!
  多分、1955年録音(コロンビア)フランク・シナトラの「スポージン」収録レコードありませんか?
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR