今日の一盤(8202番ROOTS)

s_P1012408.jpg
このアルバムも名盤である。しかし、これを聞いたことがあるでしょうか?(生意気な発言ですが、あえて言います)
A面57年10月、B面57年12月、バンゲルダー録音、
A面・・・IDREES SULIEMAN(tp)PEPPER ADAMS(bs)FRANK REHAK(tb)BILL EVANS(p)DOUG WATKINS(b)LOUIS HAYES(ds)
B面・・・IDREES SULIEMAN(tp)CECIL PAYNE(bs)JIMMY CLEVELAND(tb)TOMMY FLANAGAN(p)DOUG WATKINS(b)ELVIN JONES(ds)ALONZO LEVISTER(arrangement)
プレステッジお得意のジャムセッションでの一丁上がり的なアルバムだと思う。が、これがまさしくジャズ本流だろう。
リーダーはだれだろう?トランぺッターのアイドリースが両面に参加しているが、取り立ててリーダー風って感じしない。
ダグ・ワトキンスだ。僕の所持しているのはOJCだが録音が良く、ベースがブンブン唸る。このベースに乗って全曲ジャージーにブルージーに、これがハードバップだと言わんばかりにスイングしている。
A面では何とビル・エバンスがB面ではトミフラがピアノだ。悪かろうはずがない、どうしてこれが8000番台なんだろう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR