今日の一盤(10087番FUNK・INC)

s_P1012376.jpg
74年7月~9月)EDDIE HARRIS録音、EUGENE BARR’ts)RUDY TURNER(g))BOBBY WATLEY(key)WILLIAM SIMMONS(b)MICHAEL HUGHES(ds)CECIL HUNT(conga)
FUNK・INCのプレステッジラストアルバム。画像はロールスロイスであろうか?立派な車を所有したのであろうか?
さすが黒人の血だな~良い感じなメローな曲だわ、ってな曲もある。しかし何度もいうがこの頃のソウルジャズもソウルが薄れ、ポップな歌入りの曲が中心となり、商業主義なアルバム作りとなっている。
アート・ブレーキーのジャズメッセンジャーズは有名であるが、同メンバーは半年と持たなかったと思う。次から次とメンバーの入れ替えがあり、それ毎、新鮮味をもたらした。何故ならジャズは各人のアドリブが魅力であるからして、またアドリブは1つとして同じものはない。とどまる所が無いのがジャズの特徴かもしれない。
ビートルズ他ロックの世界はグループとして活動する。無限に変化するより、人気を集めやすい。ビジネスに成る。
今時の若者もスマートフォンでつながり、仲間、同志を求めあう。個の力が出しにくい世になっていると思う。そんな世界のジャズにスリルは感じない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR