今日の一盤(10076番アート・ブレーキー)

s_P1012343.jpg
73年5月、jim Stern録音、BLAKEY(ds)WOODY SHAW(tp)CARTER JEFFERSON(ts)CEDER WALTON(p)MICKEY BASS(bs)TONY WATERS(conga)曲によりMICHAEL HOWELL(g)STEVE TURLEY(tb)
シダーの曲が3曲、ショウの曲1曲、ジャズスタンダード2曲という構成。
シダーとショウが共演しているだけで、中身は保証付き。心地良い70年式ハードバップの快演になっている。
70年式というのは、50,60年代のハードバップが成長しているんだと思う。何故なら昨日のステットとホースのバップジャズが普通に聞こえるのに対し、スリルを感ずるからだ。夢よもう一度ではない。
今という時代を切り裂くフレッシュな感性が詰まっている。ジャズにおいてはこのスピリットというか、空気が当時にはあったはずだ。
エレキピアノを軽くとらえていたが、ハードバップにエレキピアノを見事に融合させた数少ないアルバムだと思う。70年代の産物。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR