今日の一盤(10065番ジーンアモンズ&ジェームズ・ムーディー)

s_P1012334.jpg
71年11月、PAUL SERRANO録音、シカゴ・ノースパークホテルでのライブ。AMMONS、JAMES(ts)JODIE CHRISTIAN(p)CLEVELAND EATON(b)MarshallTHOMPSON(ds)
ピアノトリオの3人が無名。地元ミュージシャンだろうが本場の層が厚い。ワークソング、Cジャムブルース等わかりやすいスタンダードで構成されているが、録音がいまいち。琴線には来ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地元ミュージシャン調べてみました。

JODIE CHRISTIAN

1932,2,2~2012,2,13 シカゴ生まれ、活動したバンドは
Ira Sullivan Quintet, Jodie Christian Trio, Paul Serrano Quintet,
Roscoe Mitchell Quartet です。
70年代に、シカゴのAACMに参加。
シカゴの有名JAZZクラブで Eddie Harris, Stan Getz, Dexter Gordon, Gene Ammons,
Roscoe Mitchell, Buddy Montgomery and John Klemmer
などと活動しています。90年代から6枚ぐらいリーダーアルバム作っています。

サイドメンとして参加した有名なアルバムに Stan Meets Chet (Verve, 1958) with Chet Bakerがあります。
 
サイドメンとして、参加アルバムはEric Alexander: Stablemates (Delmark, 1995)
Gene Ammons: The Chase! (Prestige, 1970) - with Dexter Gordon, Chicago Concert (Prestige, 1971) - with James Moody
Von Freeman: Never Let Me Go (Steeplechase, 1992), Lester Leaps In (SC, 1992), Dedicated to You (SC, 1992)
Stan Getz: Stan Meets Chet (Verve, 1958) with Chet Baker
Dexter Gordon: Featuring Joe Newman (Monad, 1976)
Eddie Harris: The Electrifying Eddie Harris (Atlantic, 1967), Pourquoi L'Amerique (AZ, 1968), Plug Me In (Atlantic, 1968), Silver Cycles (Atlantic, 1968), High Voltage (Atlantic, 1969), Free Speech (Atlantic, 1969), Live at Newport (Atlantic, 1970), Excursions (Atlantic, 1966?73)
Roscoe Mitchell: The Flow of Things (Black Saint, 1986), Hey Donald (Delmark, 1995), In Walked Buckner (Delmark, 1998)
Buddy Montgomery: This Rather Than That (Impulse!, 1969)
Ira Sullivan: Nicky’s Tune (Delmark, 1958)


CLEVELAND EATON

1939 8,31, Alabama,Birmingham, 生まれ。
Musician (piano, saxophone, trumpet, tuba, string bass),
producer, arranger, composer, などマルチなミュージシャンです。
活動したバンドは
Cleveland Eaton & The Kats, Donald Byrd Quintet,
Pepper Adams Donald Byrd Quintet, The Ramsey Lewis Trio など。
60年代~70年代には The Ramsey Lewis Trioでは多くのアルバムで参加して。80年代には
カウント・ベーシーオーケストラに参加しています。
JAZZ以外にも、シカゴR&B系のロータリー・コネクション、ミニー・リパートンなど、かなりの数のレコードに参加しています。
3人の中では一番有名です。

昔、アルバム持っていましたが、ディスコ系のリズムにウッドベースが絡むという感じの音楽を演奏していました。

MarshallTHOMPSON
C
シカゴのJAZZドラマー ソウルコーラスグループ、Chi-lightsにマーシャル・トンプソンという人物がいますが、その人の伯父さんです。
参加レコードは Eddie Higgins, Dodo Marmarosa,(とても懐かしい人、彼のファーストアルバムに参加、ARGO原盤)
Gene Shaw, James Moody, Eddie Harris & Wayne Shorter.

有名どころのレコードは上記JODIE CHRISTIANと参加した、
Stan Getz, Chet Baker Stan Meets Chet
Verve Records POJJ-1511, があります。

Re: 地元ミュージシャン調べてみました。

> JODIE CHRISTIAN
>
> 1932,2,2~2012,2,13 シカゴ生まれ、活動したバンドは
> Ira Sullivan Quintet, Jodie Christian Trio, Paul Serrano Quintet,
> Roscoe Mitchell Quartet です。
> 70年代に、シカゴのAACMに参加。
> シカゴの有名JAZZクラブで Eddie Harris, Stan Getz, Dexter Gordon, Gene Ammons,
> Roscoe Mitchell, Buddy Montgomery and John Klemmer
> などと活動しています。90年代から6枚ぐらいリーダーアルバム作っています。
>
> サイドメンとして参加した有名なアルバムに Stan Meets Chet (Verve, 1958) with Chet Bakerがあります。

じゅんふさん、お便りありがとうございます。
小生が無知であっただけで、ほどほど活躍したんですね。スタンミーツ・チェット聞いてみます。
このあたりで痛切に感ずるのはバンゲルダーの存在感です。ファンタジーになって録音技師が色々になりますが、比較すると、それだけで☆1つ落ちる感じです。考えてみればアモンズ・ムーデークラスが無名のサイドマンはあり得ないのは当然ですね。
ポール・ブレーが今月3日逝去したようです。彼のレコードを聴きながら。

ヴァン・ゲルダーについて

インパルス・レコード物語(アシュリー・カーン著 シンコー・ミュージック・エンターティメント)に面白い話しが書かれておます。

プロデューサーのクリード・テイラーはエンジニアとしてのヴァン・ゲルダーと彼のスタジオを惚れこんでいたから、J.J、ジョッソンとカイ・ウェンディングのアルバムを録音する時も使おうとした時に、JJはゲルダースタジオでの録音するのが、エンジニアと近すぎ、天井が全部赤松材なので、音が跳ね返ってくるので嫌だと、そそくさと帰ってしまうのを、「何でも言うことを聴くからと」何とか引き止めた。

と書かれています。その時代の関係者の努力が忍ばれます。そして、自分達が聴けるという喜びも感じます。

後、この本には、

50年代末の時代でも白人の黒人の差別意識が強くあり、
トロンボーンのグレチャン・モンカーⅢ世が、音楽学校に通いながら、ABCパラマウウントのディスクワークをしていた時、クリード・テイラーがキャノンボールとナット・アダレイを事務所を案内していたら、俺(グレチャン)を見つけ、「よう、兄弟」と声をかけ、(黒人もディスクワークできるんだ)と感心していたよ。 と話していた。・・・とかかれている。

当時は白人のヒットメーカーがいるレベールには、いくら売れている黒人でも、同じレーベルに録音は難しかったみたいで、色々なJAZZ好きな白人プロデューサーの努力が感心される・・・

そういうことを感じながら聴くと、いっそうゲルダーの録音に感謝したいです。

No title

先日ジムホールのCTIからのアルバム、ユウカリというタイトルのを聞きましたが、CTIは録音素晴らしい。92年のCDですが、ケニー・バロンのエレピが素晴らしい。
JJのエピソード、面白いですね。この方、飛び降り自殺しています。時々、無性にjjのバラードを聞きたくなります。彼の内面の何かを感じられないかと思って。
ジーンアモンズにはまっております。7年間服役したのですが、復帰後がまた良い出来です。恐らく黒人差別で不当に長く服役したのだと思っております。
また、お便りお待ちしております。ありがとさん。
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR