今日の一盤(10063番レオン・スペンサー)

s_P1012314.jpg
73年1月、バンゲルダー録音、LEON SPENCER(org)JOE BECK(g)GEORGE DUVIVIER(b)GRADY TATE(ds)FRANK WESS(fl,barit)SELDON POWELL(ts)JON FADDIS(tp)他
ベテランベース奏者、ジョージ・デュビビエが73年当時53歳、ドラマーのグラデイ・テイトが41歳、フルートのフランク・ウェスが51歳、ギターのジョー・ベックが28歳そして主役のレオンも28歳である。ちなみに今生きておれば70歳になる。
ファンクやソウルジャズがレコードセールスには当たり前であった当時のプレステッジであるが、レオンはバックにフランク・ウェスが指揮するブラスセクションをバックにつけ、格調高い取り組みをしている。そういえば先輩ジミー・スミスもバーブでこのようなブラス入りでベストセラーをしていた。A面の1曲目がステビーワンダーの曲「SUPERSTITION」,ジョージのエレキベースは、どうもな~
ギターとドラムとのオルガントリオでやるブルースが1曲。これは良い。普段着が一番。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR