今日の一盤(10050番チャールス・アーランド)

s_P1012300.jpg
72年10月、クラブ「ライトハウス」でのライブ。CHARLES EARLAND(org)ELMER COLES(tp)CLIFFORD ADAMS(tb)JAMES VASS(as,ss)MAYNARD PARKER(g)DARRY WASHINGTON(ds)KENNES NASH(conga)
コテコテジャズという誌の虎の巻より
「リビング・ブラック」に続くライブ盤。4ビートのナンバーが多く、各メンバーに割と平等にソロがいくのがポイントか。ドロドロ、ジャズのテイストもまぶしてある。ウッデイ・ショウ作「ムーントレーン」、ラリー・ヤングに迫るハードコア・バージョンです。
ここの所バンゲルダー録音に慣れた耳には、彼の録音でないというだけで期待感は薄まる。彼の録音だったらもっと熱気が拾えただろう。各人のソロは物足りないが熱気とノリは、さすが、だ。
今日は滅多に来ない大学生が2人連れ立って来た。このアルバムを掛けるに違和感はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR