今日の一盤(10046番ハンプトン・ホース)

s_P1012288.jpg
10045番は所持していない。(リーダーの名前にBAYETE UMBRA ZINDIKOとあるがご存知の方、教えてください)
本日の46番 72年6月、ロサンゼルスで録音、HAMPTON HAWES(el-p)OSACR BRASHEAR(tp)HAROLD LAND(ts)ARTHER ADAMS(g)CHUCK RAINEY(el-b)LEON CHANCLER(ds)
その昔、エレキピアノを馬鹿にしていた。軽い、商業主義だ、芸術性に欠けるとか・・・
今思うと、スイングジャーナルの辛口評論家からの影響を受けていたと思う。あのビル・エバンスもエレキピアノをやっていたが、唸った試しはない。エレピはヒュージョン系に重心を置くミュージシャンに愛好される楽器だと思っていた。
ところが、本日のホースさん、楽器は軽いエレピでも演奏内容は芸術の香りが漂う、いい感じに仕立てているのだ。
ここの所ずーっとソウルジャズが続いていたが、やはり本格ジャズマンは違う。琴線の奥に入り込もうとした音楽を主張している。
格が違うとはこの事だろう。ホースさんのプライドを感ずるアルバム。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

Bayete Umbra Zindikoさん はアメリカのキーボード奏者です。ボビー・ハチャーソン 、 ピーター・ガブリエル 、 アレサ・フランクリン 、 スタンリー・クラーク 、 ムトゥーメ 、とハービー・ハンコックなどと仕事をして、 様々な大学で講師。 映画やテレビのために作曲しました。本名はTodd Cochran。ロックの要素を取り入れた
エッジの効いたジャズファンクを演奏しています。

カフェモーニンのマスターに趣味にはあいそうではありませんが・・・
Bayeté Umbra Zindiko "Don't Need Nobody" (1973) ↓
https://www.youtube.com/watch?v=I-GYrplOjAg

Re: お久しぶりです。

> Bayete Umbra Zindikoさん はアメリカのキーボード奏者です。ボビー・ハチャーソン 、 ピーター・ガブリエル 、 アレサ・フランクリン 、 スタンリー・クラーク 、 ムトゥーメ 、とハービー・ハンコックなどと仕事をして、 様々な大学で講師。 映画やテレビのために作曲しました。本名はTodd Cochran。ロックの要素を取り入れた
> エッジの効いたジャズファンクを演奏しています。
>
> カフェモーニンのマスターに趣味にはあいそうではありませんが・・・
> Bayeté Umbra Zindiko "Don't Need Nobody" (1973) ↓
> https://www.youtube.com/watch?v=I-GYrplOjAg

じゅんふさん、コメントありがとうございます。
前にもスタン・ハンターでお世話になりました。
この度もあるがとうございます。勉強します。
じゅんふさん、ブログをリンクさせてくださいね。

Re: Re: お久しぶりです。

> > Bayete Umbra Zindikoさん はアメリカのキーボード奏者です。ボビー・ハチャーソン 、 ピーター・ガブリエル 、 アレサ・フランクリン 、 スタンリー・クラーク 、 ムトゥーメ 、とハービー・ハンコックなどと仕事をして、 様々な大学で講師。 映画やテレビのために作曲しました。本名はTodd Cochran。ロックの要素を取り入れた
> > エッジの効いたジャズファンクを演奏しています。
> >
> > カフェモーニンのマスターに趣味にはあいそうではありませんが・・・
> > Bayeté Umbra Zindiko "Don't Need Nobody" (1973) ↓
> > https://www.youtube.com/watch?v=I-GYrplOjAg
>
> じゅんふさん、コメントありがとうございます。
> 前にもスタン・ハンターでお世話になりました。
> この度もあるがとうございます。勉強します。
> じゅんふさん、ブログをリンクさせてくださいね。

プレスティジ10075番のIceはご存知ですか?

ICEは

まだ聞いていません・・・ヤフオクで6000円ぐらいします。
Lafayette Afro Rock Bandとしてアメリカで結成、フランスに渡り活動を続けIceと改名しての1枚目のアルバムをフランスのKedzie Records で発表。 prestige盤はアメリカでの再発ですね。 リーダーの(たぶん)Lafayette Hudsonは、べース奏者で、フランスでマル・ウォルドロンとのレコード、(Mal Waldron ‎– Candy Girl 1975年)、をべース奏者として録音してます。
手に入るなら聴きたいですね。マルは僕の大好きなJAZZピアニストです。

Re: ICEは

> まだ聞いていません・・・ヤフオクで6000円ぐらいします。
> Lafayette Afro Rock Bandとしてアメリカで結成、フランスに渡り活動を続けIceと改名しての1枚目のアルバムをフランスのKedzie Records で発表。 prestige盤はアメリカでの再発ですね。 リーダーの(たぶん)Lafayette Hudsonは、べース奏者で、フランスでマル・ウォルドロンとのレコード、(Mal Waldron ‎– Candy Girl 1975年)、をべース奏者として録音してます。
> 手に入るなら聴きたいですね。マルは僕の大好きなJAZZピアニストです。
じゅんふさん、ありがとう。
すごいですね。まず、一言。
世の中は、大体で収まっているのです。
例えば、僕が重宝している虎の巻、ジャズ評論家とかメジャー冊子の社員とかで飾られて。いるのですが、どこまで祖のアルバムに精通するまで聞いているのか知る由もありませんタレントと曲の単語で大方を埋めるのは当事者の立場としては理解できますがね、それでは当然甘い。それも競争相手が存在しないからなんです。でも、世の中、広い。
じゅんふさん、ありがとうございます。
eby でジャケット(ice)wo見た事があります。でも、ロックの世界なんだろうな?それに6000円もかけて、せいぜい、1回聴くかどうか?だれしもリクエストがあり得ないし。(こんな事言って、罰が当たりますが、現実であり、雷様も当てにしないと思います。)・・そんなわけで死ぬまで一回という振り分けで、急いで求めない事にします。
マルがお好きですか。僕もです。プレステッジでのハウスピアニストという存在は歴史的な事だと思っております。
今後ともよろしくお願いします。リンクできなけど、まずいかな?


プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR