今日の一盤(10030番デクスター・ゴードン)

復刻盤は続く、7829番。http://moanin.blog.fc2.com/blog-date-201510-1.html
僕がデックスを知ったのは結構早い。ジャズに向き合って間もなく「チェース」というワーデル・グレイとのテナーバトルのアルバムであった。しかし、本格的にデックスにのめり込んだのは、ずーっと後からで、ステープル・チェースというヨーロッパはデンマークのレーベルから出された「BITING THE  APPLE」というアルバムでの「SKYLARK」というスタンダードを聞いてからである。
デックスのアルバムは結構集めた。時々あれこれ引っ張り出して聴いている。
SKYLARKとは日本語で「ひばり」である。
僕は秋田の能代で育った。ジャズに出会う1,2年前だったろうか、高校1,2年生だったと思う。
実家が「風の松原」という広い防砂林のそばにあり、その林には何と無く、特別な理由が無くてもフラリ立ち寄る隠れ場所的な存在であったが、自転車で15分位かけて横断すると日本海であった。林帯が切れると、そこから100メートルは砂丘が続いていた。
高校では試験中とかは午前中で下校というのがよくあったが、午後からビートルズを録音したテ^プレコーダーを持って海岸に行き、そして砂浜に寝ころびテープを聞いたが、上空には、ひばりがピーチク、パーチク鳴いていたもんだ。
今、その場所は東北電力の石炭火力発電所になっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR