今日の一盤(10028番ルスティ・ブライアント)

7798番の再発盤である。
http://moanin.blog.fc2.com/blog-date-201510-10.html
この頃のソウルジャズのアルバムに必ずといって参加しているミュージシャンがトランぺッターVIRGIL・JONENSだ。
まるで10年前のベース奏者ポ^ル・チェンバースのように。
しかし僕らの耳にはマイルスやリー・モーガン、ドナルド・バードとかのバッパー名手が頭にあるから、知らず知らず比較してしまう。
そして思う。軽いなー。他、参加ミュージシャンは何方もノリの良い歌心たっぷりの強者なのに、このトランぺッターが入る事でB級グルメの様に、ちょっと大衆的になる。・・・それで良いのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR