今日の一盤(10018番チャールス・アーランド)

s_P1012229.jpg
71年5月、バンゲルダー録音、CHARLES EARLAND(org)MAYNARD PARKER(g)VIRGIL JONES(tp)他多数
ドラマーがJESSE KILPATRICKとBILLY WILSONという2人。(2つのセッション)今までバーナード・パーデイーとアイドリス・ムハメドという2人のソウルジャズのスーパードラマーがほとんどだったので新鮮に聞こえる。
それにしても主役のアーランドによる斬新なアイデアの「LOVE STORY」(映画で有名)にはビックリ。こういう解釈・編曲も有りなんだね~。10年前のバップジャズの音楽とは完全に流れが変わり、別な支川になっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR