今日の一盤(10007番ソニー・フィリップス)

s_P1012216.jpg
70年7月バンゲルダー録音、SONNY PHILLPS(org)RUSTY BRYANT(ts)MELVIN SPARKS(g)JIMMY LEWIS(el-b)BERNARD PURDIE(ds)
虎の巻より
プレステッジを代表するオルガニストのグルーブ感溢れる作品。バック陣も問題なし。悪いはずがない、特にバーナード・パーデイーのドラムが素晴らしい。太めなベースラインがじわじわとくるタイトル曲、疾走感あるジャズファンク「チェック・アウト」などソウルジャズ・ファン必聴の楽曲が並ぶ。C C Rのカバー「プラウド・メアリー」も個人的にお気に入りの1つ。匠の技が光る名盤である。(板橋)
板橋さん、大名盤だと絶賛しているが、確かにノリは良いし、ま~聞きやすい。だけど、琴線に来ないんだよな~
こんな評価の違いは古今東西、いつの世にも付きものであるが、同じ名盤でも50・60年代の名盤のほうが魂に突き刺さるマグマがはるかに大きい。ま~年寄りの苦言といえばそれまでだが、商業ベースに動いているのだから、当然だろうよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR