今日の一盤(7820番ジョージ・ウォリントン)

s_P1011976.jpg
昨日に続き原版はピログレッシブであり、プレステッジが版権を購入し70年に再発したアルバム。
原版のオリジナル盤は中古盤市場では常に10万円以上する人気盤である。
55年9月バンゲルダー録音、GEORGE WALLINGTON(p)DONALD BYRD(tp)JACKIE MCLEAN(as)PAUL CHAMBARS(b)ART TAYLOR(ds)
内容はもちろん素晴らしい。例えばですよ、コーヒーにブルー・マウンテン、ワインにボルドーとかそれぞれの分野にブランドとして君臨する代表銘柄があるとすれば、今日のアルバムもハードバップの一級品としての評価に値するのだと思う。
ところで、今日の主役のジョージさんですがイタリアはシシリー島の出身、白いバド・パウエルといわれた人ですが、57年に、コマーシャルな仕事はしたくない、という理由でジャズ界を去ったそうです。(84年に復帰)超辛口な人ですね。
辛口といえば、ジャズ界では、そもそも黒人は甘口で、白人は辛口だと思っております。今日のアルバムのメンバー構成でジョージだけが白人ですが、この辛口の存在がナイスブレンドをもたらしているのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR