今日の一盤(7744番マイルス・デイビス)

P1011929.jpg
51年10月録音の7012番(DIG)と7013番(CONCEPTION)の2枚からの良いとこ取り盤。それが
というより、7012番は全5曲、それに7013番は未発表曲集であり、7012番に収録されなかった2曲が収められており、それを加えた全7曲が今日のアルバムに収められている。だから10月5日の完全セッションというわけだ。
メンバーは画像に記された通りで省略するが、皆、歴史に残るミュージシャンである。
このヒストリカルシリーズはドン・シュリッテンの監修で50年初期の名盤・名演奏を復刻したもので10数枚ある。当初、僕はオリジナル盤が究極の追い求めるアルバムであり、オリジナル盤でなくても、オリジナル盤のジャケットをそのままプリントされた復刻盤を入手しようとしていた。それがどうしてこのシリーズを入手したかというと、①ドンさんの目の付け所を知りたかった。②録音の良さ である。
②であるが実はジャケットには疑似ステレオとある。これが発売された70年頃はステレオでなければ売れなかったであろう?そしてこの疑似ステレオの音に感動した人はおるまい。したがってそんなにセールスは記録されなかったに違いない。ところが現代はモノラル専用のカートリッジがあり、それでトレースすると、疑似ステレオの疑似がカットされたようにクリアにモノラルが再生される。
日本版の復刻盤より俄然ガッツのある音に再生されるのだ。バンゲルダー録音が生々しく聞こえる。
若き日のジャズマン、マイルスのみずみずしさが魅力的だ。
「my old flame 」はダイアルでパーカーの元でもやっていたが、ここではワンホーンで独壇場だ。マイルスは54年頃まで麻薬を常習していたそうだが、54年に脱却して、それからうなぎ登りに人気と実力を兼ね備えていった。そうなる前の発展途上での世界もまた味があるものである。若くしてしか表現できない魔性のようなバラードこ、そこの頃のマイルスの遺産だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR