今日の一盤(7739番ジーン・アモンズ)

P1011902.jpg
虎の巻より
勝手のプレステッジのスター奏者ジーン・アモンズが約7年間の刑務所生活を終えて帰って来た。音色はさらに逞しく、フレーズはさらに揺るがず。何と言う貫禄に溢れたプレイであろうか。オルガン入りのバンドとアコースtックグループを使い分け、アモンズは入獄中の思いの丈をぶちまけるようなブロウを展開。「アイ・ワンダー」におけるサックスプレイは、まさしく泣いている。(原田)
69年11月、バンゲルダー録音、GENE・AMMONS(ts)JUNIOR・MANCE(p)BUSTE・WILLIAMS(b)FRANKIE・JONES(ds)CANDID(conga)SONNY・PHILLIPS(org)BOB・BUSHNEL(el-b)BERNARD・PURDIE(ds)
お客さんに言われた。「いいジャケットだなー」言われて気が付く事がある。確かに。裏表紙にはPHOTO AL・JOHNSONとある。
プレステッジがこう言う風に写真家の名前を記しているのはざらにない。アルバムの共演者のメンバーも一流どころだs、会社を上げてアモンズの復帰を歓待してる事に察しが付く。
こういう舞台裏を知って、改めてアモンズのサックスを聴く。7年間、練習を怠った事はあるまい、体調の良さを感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR