今日の一盤(7583番トゥルデー・ピッツ)

P1011759.jpg
虎の巻より
クラブ・バロンにおけるライブ。折り目正しいクラブではなさそうだ。というのは針を落とした瞬間にわかる。僕が持っているのはステレオ盤だが、左スピーカーにブーガルー・ビートを刻むドラムス、右スピーカーから荒れくれたギターの音が飛び出し、真ん中からピッツの分厚いオルガン音がスックと立ちあがる。彼女のプレステッジ時代のクライマックスを飾る1枚にして生涯の傑作。(原田)
68年5月、オリビエ・オブライエン録音、TRUDY・PITTS(org)WILBERT・LONGMIRE(g)BILL・CARNEY(ds)
全部で4曲、「NEVER MY LOVE」という懐かしいポップチューンが入っている。FUNKな「枯葉」、後2曲はノリノリのオルガンジャズ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR