今日の一盤(7567番ジャック・マクダフ)

P1011668.jpg
虎の巻に取り扱い無し
62年、65年、66年、3つのセッションからの寄せ集めアルバムだが、内容が素晴らしい。
ジャック(org)とJOE・DUKES(ds)は共通だがテナーが3人、RED・HOLLOWAYとHAROLD・VICKとHAROLD・OUSLEY
ギターがEDDIE・DIEHLとGEORGE・BENSONとPAT・MARTINO 豪華ですね。
選曲が良い。A面の1曲目にスタンダード「MORE」で始まり、そしてB面のラストが「OPUS DE FUNK」で終わる。
間の曲も和みの曲、ブルージーな曲、全曲ご機嫌よろしゅうございます。ジャックってこんなに良かったっけ?正直ジャックに初めて琴線が触れたのでした。プレステッジの看板スターであった事に納得します。
良く聴こえる理由の一つに、録音にあります。バンゲルダー。ステレオですが真ん中に楽器が集まります。
昨日の番号順からして68年当時なのですが、ひと昔前の音楽スタイルが新しいのより良く感ずるって、どういう事?
未来にベクトルが向かうのと同様に、過去に向かうベクトルも持っているのだろうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 教えてください

>  毎日 雨でいやになります。東北はまだですって?
> ケンちゃんはもう一度行って 食って確かめます。確かに雑な作りですがまずくはなかったし、芯はあったよ。
>
> さて 次の(7月の)鑑賞会の日程は決まりましたか?
> また モーニン最寄りのコインパーキングなど何か所か教えてください。
> ではまた
駐車は当店にお任せください。ご心配なく。7月は12日、一時半からです。よろしく。
御返事遅くなりました。
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR