今日の一盤(7555番ポンチョ&ラテン・ソウル・ブラザーズ)

P1011640.jpg
アモンズ・ロリンズ・ムーデーと巨匠の再発盤が続き、67年12月リチャード録音のポンチョラテンバンドの4作目となる。
因みに小生は2と3作目は所持していない。
NHKラジオ「午後のマリアージュ」本日のゲストは中尾ミエさん。彼女の餅歌は「可愛いいベイビー」であるが現在は「可愛いバーバー」だそうだ。老人施設で大受けらしい。ラジオで、この歌がヒットした頃、自分はジャズ歌手が目標であり、ポップソングを軽く見降ろしていた、と言っていた。確かにジャズといえば、クラシックを除いてポピュラーソングの中では格調の高い音楽だと、少なくともジャズファンは自負心をお持ちの方がいると思う。もちろん僕もそのくちだった。今もかな?
ピラミット的に取り上げると、頂点がジャズであって、そしてその下にロックやブルースがある、ラテンやタンゴ、シャンソンは更にその下といった塩梅かな?今までそんな風に思っていたが・・・・・・その構図が最近変化している。
ラテンがジャズと同格に浮上してきた。逆にロックは降格。それはこのポンチョバンドの影響に他ならないのだが、さらに詳しく理由を述べると、①電気楽器の騒々しさが無い。②ドラムの激しさがない。③曲が楽しい、という事になる。
ボンゴとコンガの音色がナチュナルに響く心地よさ、シンプルなスイングとメランコリックな軽妙な乗り最高。、癒やされる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR